定期検診&緑内障検査

定期検診日でした。
網膜剥離の手術から6ヶ月経ちました。
合わせて左目の緑内障の検査も行いました。
網膜剥離は異常なしの結果でした。
緑内障の方は前回(昨年8月正常眼圧緑内障)の検査と同じでした。

---------------------------------
『正常眼圧緑内障』
かつては眼の中の圧力である眼圧が高いことが原因と考えられていたが、
眼圧が正常範囲であっても緑内障に罹患している患者が多いことが確認され、
視神経乳頭の脆弱性が緑内障の原因として考えられている。
しかし眼圧は緑内障進行の最大の危険因子であり、
緑内障治療の基本は眼圧を下げることで視野障害の進行を停めるという方法をとる。
眼圧を30 %低下させることにより正常眼圧緑内障において80 %の患者において
視野障害の進行が停止したという報告もある。
----------------------------------

両検査とも順調であるとのことで、ホッとしました。
特に網膜剥離の手術から6ヶ月を無事に経過したことで
再発の危険期間から脱したことがなにより嬉しいです。


次回検査日は4月末です。


にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村



ご訪問ありがとうございます。

診察日

今日、目の検査をしに行ってきました。
相変わらず待合室には人が溢れています。
目の病気になる人が多いのかな?
待たされるのを覚悟していたら、まもなく名前を呼ばれました。
先に待っている人の視線を感じながら診察室へ・・・。

眼圧、視力検査のあと、瞳孔を開く目薬をつけて待つこと20分。
そして診察。
施術した右目は、異常なしでしたが、正常だった左目が、
緑内障の疑いが出てきてしまいました。

「正常眼圧緑内障」の診断です。
眼圧を押さえる目薬が追加されました。

当分、医者通いが続きそうです。


にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村



ご訪問ありがとうございます。

運転免許の更新

自動車運転免許の更新に行ってきました。

昨年の話しを少し・・・。
視力は裸眼で0.01、矯正しても0.4くらいでした。
昼はともかく夜は運転もままならない状態です。
一年後の免許更新には視力が足りません。

白内障であることは知ってました。
早速、眼科で手術の予約を入れましたが、
3月までは予約がいっぱいで最短で3ヶ月待ちでした。

白内障の手術は両目を行いました。
手術は思ったより簡単で、手術後はハッキリ、クッキリ
世の中が変わったように良く見えるようになりました。
視力検査も1.2まで見えました。
免許の更新も余裕でパスするはずでした。

昨年の10月までは・・・。

突然の網膜剥離。
そして3ヶ月、いよいよ更新の期限が迫ってきました。

昨日、無事に免許の更新が出来ました。
また3年間、車の運転が出来ます。


にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村



ご訪問ありがとうございます。

網膜剥離の手術から3ヶ月

網膜剥離の手術から3ヶ月が経ちました。

いまでは普段と変わらない生活をしています。

眼科には地元の開業医に通っています。

特に不自由なこともありません。

もう完治したと言ってもいいくらいです。

今思うと・・・。

網膜手術の手術は本当に辛かったです。

手術が辛かったと言うより術後のケアが辛かったです。

48時間のうつ伏せ、食事もうつ伏せ、トイレもうつ伏せ、全てうつ伏せでした。

その後は左を下にして90度首を傾けた状態をキープ、

この体勢も疲れました。

たった一つ良いことが、テレビを見られることが出来ました。(笑)

こうして、12日間で退院できました。

今回は右目でしたが、もう二度と受けたくない手術です。

私の右目、そして左目も頑張れ!

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村



ご訪問ありがとうございます。

目の検診日

大学病院まで車で1時間10分、(目の検査があるので自分では運転できない)
妻は送り迎えのためにそううそう会社を休めない。
そこで、地元の目医者さんに紹介状を書いていただきました。
今まで通っていた目医者さんです。

今日はそこに検査に行ってきました。
待合室には診察を待つ患者さんがいっぱい。
受付を済ませて少し待つとすぐ名前を呼ばれました。
明らかに順番が違います。
これは大学病院の紹介状のお陰でしょうか。

いつものように眼圧、視力検査でした。
裸眼は0.4くらいでしたが、矯正視力が左1.0右1.2ありました。
右目は網膜剥離の手術をした目です。左目よりよく見える?
信じられない結果となりました。

その後瞳を開く点眼をして眼底カメラ、そして診察。
手術の経過は順調でした。

不安な日々は相変わらず続いていますが経過は順調ということで一安心です。
次の検査は一ヶ月後です。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村


目の調子

術後1ヶ月の検診では異常なしと言われました。
それはそれで喜ばしいことと思ってます。

今回は右目の網膜剥離でした。
再発の危険性、さらに左目も発病の可能性があります。
毎朝起きたとき目の異常がないか確認します。
毎日が不安です。
今まで色んな病気をしました。入院、手術をしたこともありましたが、

17歳の時、尿管結石
36歳の時、胃癌の手術
45歳の時、虫垂炎の疑い
50歳の時、高血圧
55歳の時、総胆管結石
57歳の時、リュウマチ
59歳の時、白内障
60歳の時、網膜剥離

退院後、毎日が心配することはありませんでした。

今回の目だけは毎日が心配です。
心配してもどうなるものでもありません。

ここは気持ちの転換が必要ですね。


にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村

経過報告~手術後1ヶ月(退院後3週間)~

今日は手術後1ヶ月(退院後3週間)の検診の日でした。
9時予約、名前を呼ばれたのは9時10分、
こんなに早く順番が回るなんてラッキーでした。
診察の結果は、異常なし!ホットしました。

最後に運動はしても大丈夫なのですか?って質問したら・・・。
ボクシングやってないですよね、ボクシング意外なら良いですって言われました。
私が「ボクシング」やってるように見えたのでしょうか?(笑)
やるわけないですよね。

バスや電車通勤や送り迎えがあれば2週間、車を運転する場合は
術後1ヶ月が仕事復帰の目安になるかと思います。

大学病院までは車で1時間チョットかかるので
近くの眼科に紹介状を書いていただきました。
今回大変な思いをしましたが、社会復帰も出来ひとまず一安心です。


丁度、ドクターヘリが帰ってきました。
頭の上を通り過ぎたので凄い風でした。

画像


画像



にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村


車の運転

今日で退院後2週間が経ちます。
そろそろ車の運転も大丈夫です。・・・と思う。
手術した右目もだいぶ視力が回復してきました。
今日はホームセンターまで買い物に行ってきました。
最初だけチョッコと緊張しましたが大丈夫でした。

来週2回目の検査があります。
順調に回復することを祈ります。


画像

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村

4種類の目薬

目薬が日課です。
1日3種類を5回と1種類を1回つけます。
午前6時、10時、午後2時、6時、9時の5回です。
面倒なんて言ってられません。
でも油断すると忘れちゃいますよね。


画像


にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村

退院後一週間目の検診

退院して一週間が経ちました。
今日は検診日です。
大学病院までは車で1時間10分程かかります。
実は昨日から目の中に例の黒い粒が見えています。
昨日はショックで寝込んでしまいました。
また再発してしまったのかと・・・。

一時間ほど待って私の診察でした。
結果は異常なし。
黒い粒は、「飛蚊症」が残る可能性があるそうです。
取りあえずは、無事一週間をクリアしました。
目の抜糸もしました。
今日からお風呂、洗髪、洗顔が解禁になりました。

ホットした一日でした。


にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村

術後3週間

今日で手術してから三週間がたちました。
突然目の中の障害がなくなりました。
例の黒い玉は消えました。
空気(ガス)がなくなり水で満たされたようです。

ただ心配なのは、黒いボツボツが僅かに浮いてます。
再発でなけばいいのですが・・・。
気分は落ち込みます。

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村


リハビリ生活

退院後のお約束があります。
①重い物を持たない。
②長時間下を向かない。
③禁煙・禁酒。
④車の運転は一週間後。
⑤散歩は短時間。

何もしないでぼーっとしているのも辛いです。

目の前の障害物が小さくなってきました。

画像


にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村


待ちに待った退院。

今日、退院です。
長い入院でした。
お金の話で恐縮ですが、大部屋が空いていない
個室代が一泊 16,800円 × 12日
プラス手術代、薬代、治療費(三割負担)でこれだけでした。
10月28日に入院したので、10月分と11月分に分かれていますが
合計額が請求額でした。
目には変えられません。


画像

画像

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村

手術後11日目

やっと明日退院出来ることになりました。
長い入院生活で足腰も弱っています。
1階の売店に行って買い物してきたら足がフラフラでした。
そうそう、昨日の夜、首を寝違えて痛いです。
横見の体勢は継続ですので、これが原因のようです。
湿布を貼りましたが、痛い痛いあー痛い。

明日かー、退院が待ち遠しいです。


にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村




手術後10日目

今日の診察で、眼帯が取れました。
恐る恐るカガミを見ると右目は真っ赤でした。
まぶたも腫れ上がっています。
見え方としては、500円硬貨大の黒い影が眼の前にあるような感じです。

画像


それでも片眼で見るよりずーっと楽です。
実際は空気部分ですが、黒く見えます。
だんだん小さくなってやがて消えるそうです。


にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村



手術後3日~9日目

3日目から9日目までは大きな変化はありませんでした。
相変わらず横向きの姿勢です。
検査のため眼帯を外しますが、視界は悪いです。
下半分は見えず(空気が半分まで減ってきました)
ぼーっと見える程度でした。

手術前の説明の先生のイラストを紹介します。
図解で説明を受けました。

画像
①枚目 私の眼の状態です。

画像
②枚目 手術方法です。

画像
③枚目 手術の危険性の説明



にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村


手術後2日目

朝の検診です。
昨日と同じように眼底の検査。
診察終了後に今日から左下に顔を横にして下さい。
「横ですか?」すぐに思ったことはテレビが見られる。
部屋に戻って、ベットで横寝してテレビを付けた。
久しぶりのテレビで、いくらか暇がつぶせる。
喜んだのもつかの間、椅子に腰掛けても横向き?
これには困りましたね。
さすがに食事の時は、普通に食べましたが、終わったら再び横向き。
うつ伏せから横向きになりました。
さらに起きているときはベットは60°の角度、寝るときは30°と指定されました。
もちろん左下の横向きです。

つづく


にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村




手術後1日目

診察は朝8時には始まります。
瞳孔を開く目薬をつけて待つこと30分。
診察室に呼ばれます。
真っ直ぐ前を見て、右上を見て、右を見て、右下を見て
真下を見て、左下を見て、左を見て、左上を見て、真上を見て
はい。大丈夫ですね。
この瞬間は緊張します。

「今日一日、うつ伏せを続けてください」と先生の声。
また、地獄の一日です。
テレビを付けるが音だけで画面は見えません。

ここまで書くと、かなり辛いなーって感じると思いますが
椅子に座って下を向いている。
うつ伏せでベットに寝てるより遥かに楽です。

画像



にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村



手術は無事終了。

はい。もうすぐ終わりますよ。
待ちに待っていた終わるという言葉。
再び車イスで家族の待つ病室に。
(手術時間50分)

ホットしたと同時に、地獄の苦しみが・・・。
眼球内に充填したガスを網膜に押しあてるために
うつ伏せになってください。と言われた。
夕食がでたが食事を摂るのもうつ伏せ。
寝るのもうつ伏せ。
え、お茶を飲むときはどうしたらいいのでしょうか?
ストローでです。
洗顔、歯磨き、シャワー禁止です。
網膜にガスを当てるため上も横も見られません。
今日はこのまま一晩中うつ伏せ状態です。
麻酔が切れてくる時間ですが痛みは感じませんでした。
これだけが唯一の救いです。

長い夜が明け、診察が始まるまでうつ伏せ。
先生が「もうしばらくうつ伏せにしてください」
テレビも見られず、長い昼、そして長い夜。
まだまだ続くうつ伏せ状態。
この辛さ、想像を絶します。

悲しくつづく

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村

いざ、手術台へ

○○さん、手術いきますよー。
やさしい?天使の声。
車イスに乗って手術室へ。
目の手術は2回目なのでそれ程の恐怖心はない。
前回は白内障、30分程度で終了。
おや、雰囲気が全然違ってる。
手術の内容が数段難しいらしい。

右目で間違いないですか?
「目の下に麻酔打ちますよ。チョット痛いですよ」と言われた。
右目のすぐ下に麻酔注射をグサッと刺されました。
「痛いですよ」は必ず言うらしいです。
思ったより痛くなかったって思わせるらしい。
痛いのは痛かったが我慢出来る程度の痛さ。
麻酔後、右目だけ開いたテープ?を貼られ、手術は始まった。
「お願いします」と先生の方々の挨拶が聞こえました。
さあいよいよ執刀開始です。

(手術前の説明)
白目に3ヶ所穴を開けます。
1個目の穴には処置用の器具、
2個目の穴には照明、
3個目の穴にはチューブが入ります。

聞いただけで震えと言うか吐き気さえする説明でした。
今、正にこの状態なんだ-とか想像しながら
点滴の針の痛さを感じ、自動血圧計の作動音を聞いていました。

手術そのものの痛さは感じないが、押されたり引っ張られたりの繰り返し、
先生同士の会話「もうちょい奥」「そうそう」「はいもう少し」

時々話しかけてくれる執刀医の先生に答えながら
早く終わってくれー、思うのはただそれだけ。

まだまだつづく

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村