アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「手術」のブログ記事

みんなの「手術」ブログ


手術は無事終了。

2011/10/28 19:06
はい。もうすぐ終わりますよ。
待ちに待っていた終わるという言葉。
再び車イスで家族の待つ病室に。
(手術時間50分)

ホットしたと同時に、地獄の苦しみが・・・。
眼球内に充填したガスを網膜に押しあてるために
うつ伏せになってください。と言われた。
夕食がでたが食事を摂るのもうつ伏せ。
寝るのもうつ伏せ。
え、お茶を飲むときはどうしたらいいのでしょうか?
ストローでです。
洗顔、歯磨き、シャワー禁止です。
網膜にガスを当てるため上も横も見られません。
今日はこのまま一晩中うつ伏せ状態です。
麻酔が切れてくる時間ですが痛みは感じませんでした。
これだけが唯一の救いです。

長い夜が明け、診察が始まるまでうつ伏せ。
先生が「もうしばらくうつ伏せにしてください」
テレビも見られず、長い昼、そして長い夜。
まだまだ続くうつ伏せ状態。
この辛さ、想像を絶します。

悲しくつづく

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


いざ、手術台へ

2011/10/28 18:52
○○さん、手術いきますよー。
やさしい?天使の声。
車イスに乗って手術室へ。
目の手術は2回目なのでそれ程の恐怖心はない。
前回は白内障、30分程度で終了。
おや、雰囲気が全然違ってる。
手術の内容が数段難しいらしい。

右目で間違いないですか?
「目の下に麻酔打ちますよ。チョット痛いですよ」と言われた。
右目のすぐ下に麻酔注射をグサッと刺されました。
「痛いですよ」は必ず言うらしいです。
思ったより痛くなかったって思わせるらしい。
痛いのは痛かったが我慢出来る程度の痛さ。
麻酔後、右目だけ開いたテープ?を貼られ、手術は始まった。
「お願いします」と先生の方々の挨拶が聞こえました。
さあいよいよ執刀開始です。

(手術前の説明)
白目に3ヶ所穴を開けます。
1個目の穴には処置用の器具、
2個目の穴には照明、
3個目の穴にはチューブが入ります。

聞いただけで震えと言うか吐き気さえする説明でした。
今、正にこの状態なんだ−とか想像しながら
点滴の針の痛さを感じ、自動血圧計の作動音を聞いていました。

手術そのものの痛さは感じないが、押されたり引っ張られたりの繰り返し、
先生同士の会話「もうちょい奥」「そうそう」「はいもう少し」

時々話しかけてくれる執刀医の先生に答えながら
早く終わってくれー、思うのはただそれだけ。

まだまだつづく

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「手術」ブログ

網膜剥離の治療日記 手術のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる