網膜剥離の治療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ、手術台へ

<<   作成日時 : 2011/10/28 18:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

○○さん、手術いきますよー。
やさしい?天使の声。
車イスに乗って手術室へ。
目の手術は2回目なのでそれ程の恐怖心はない。
前回は白内障、30分程度で終了。
おや、雰囲気が全然違ってる。
手術の内容が数段難しいらしい。

右目で間違いないですか?
「目の下に麻酔打ちますよ。チョット痛いですよ」と言われた。
右目のすぐ下に麻酔注射をグサッと刺されました。
「痛いですよ」は必ず言うらしいです。
思ったより痛くなかったって思わせるらしい。
痛いのは痛かったが我慢出来る程度の痛さ。
麻酔後、右目だけ開いたテープ?を貼られ、手術は始まった。
「お願いします」と先生の方々の挨拶が聞こえました。
さあいよいよ執刀開始です。

(手術前の説明)
白目に3ヶ所穴を開けます。
1個目の穴には処置用の器具、
2個目の穴には照明、
3個目の穴にはチューブが入ります。

聞いただけで震えと言うか吐き気さえする説明でした。
今、正にこの状態なんだ−とか想像しながら
点滴の針の痛さを感じ、自動血圧計の作動音を聞いていました。

手術そのものの痛さは感じないが、押されたり引っ張られたりの繰り返し、
先生同士の会話「もうちょい奥」「そうそう」「はいもう少し」

時々話しかけてくれる執刀医の先生に答えながら
早く終わってくれー、思うのはただそれだけ。

まだまだつづく

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ、手術台へ 網膜剥離の治療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる